「太陽の牙ダグラム DVD-BOX The 25th anniversary memory」

 太陽の牙ダグラム DVD-BOX The 25th anniversary memory
太陽の牙ダグラム DVD-BOX The 25th anniversary memory

アマゾンで詳細を見る。


●内容紹介

『太陽の牙ダグラム』は、『機動戦士ガンダム』の富野由悠季とともにロボットアニメの二大巨頭と並び称される高橋良輔によるリアルロボット路線第一回監督作品。その後『装甲騎兵ボトムズ』でも多くのファンから支持を集めハードSF物の旗手と呼ばれるようになった。近年では、自ら原作、総監督を務めた戦場リアルアニメーション『FLAG』の配信が開始されるなど注目を集めている。共同監督には『銀河漂流バイファム』『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の神田武幸。メカニカルデザインには、あのモビルスーツの生みの親、大河原邦男。脚本は『機動戦士ガンダム』をはじめ『無敵鋼人ダイターン3』『シティハンター』など数々のヒット作品を執筆してきた星山博之。また、『装甲騎兵ボトムズ』の塩山紀生が作画監督として参加している。80年代に"リアルロボット物"のムーブメントを築きあげたスタッフが集結している。
本商品では、高橋監督や主人公のクリン・カシムを演じた井上和彦らのインタビューを収録した特典ディスクのほか、記念すべき第一話に登場する名シーンをモチーフにした3Dクリスタル・アートを特典としてBOXに収納し、収納BOXについても、新たに大河原邦男+塩山紀生による描き下ろしイラストを使用。

長期に渡る地球連邦からの圧政と資源の搾取を強いられ続けた、植民星デロイアで独立のためのクーデターが起こった。デロイア独立正規軍の名で決起した軍を指揮したのは、地球連邦のフォン・シュタイン大佐であった。彼は、連邦評議会会場を占拠。各州の代表を監禁し地球からの独立を宣言した。この反乱事件後、フォン・シュタインは、デロイアを第八番目の州として、地球連邦に認めさせ自治権を勝ち取った。だが、この一連の動きは、地球連邦評議会長ドナン・カシムが描いたシナリオによるものであった。ドナン・カシムは、実質的な自治権をもたない傀儡政権をうちたて、なおも独立運動を続行する民衆をフォン・シュタインを代表に就けた政権をつかい、容赦なく取り締まり逮捕していった。この背景には、資源の枯渇した地球は、デロイアの豊富な資源や食料がなくては生活が成り立たない人類存亡の危機ともいえる状況があった。
しかし、連邦の武力弾圧というやり方は、民間人のゲリラ支持を高め、真の独立への気運を高める結果となった。デロイア独立の気運を潰すため策略を巡らす父ドナンに反発したクリン・カシムは、独立運動の指導者サマリン博士と出会い、心動かされる。クリンは独立戦争の切り札として開発したコンバット・アーマー、ダグラムのパイロットとなってデロイア独立のために戦うゲリラ組織"太陽の牙"に参加。激動の時代に身を投じていくのだった…。

インタビュー・ディスク(STAFF座談会:高橋良輔、星山博之、塩山紀生)
(CAST対談:井上和彦、田中亮一)
3Dクリスタル・アート(第1話の朽ちたダグラムを再現)
ボイスクロック(井上和彦の4パターンのセリフを収録)

クリン・カシム:井上和彦
デイジー・オーセル:高島雅羅
ロッキー・アンドル:田中亮一
チコ・ビエンテ:田中崇
キャナリー・ドネット:山田栄子
ビリー・ボール:梨羽雪子
ナナシ:緒方賢一
ハックル・G・トンプソン:小宮山清
ジョルジュ・ジュールダン:千葉繁
デビット・サマリン:宮内幸平
ディック・ラルターフ:兼本新吾
ドナン・カシム:山内雅人
フィナ・カシム:山口奈々
レーク・ボイド:池田勝
ヘルムート・J・ラコック:仁内達之
フォン・シュタイン:蟹江栄司

原案:矢立肇
原作:高橋良輔、星山博之
監督:神田武幸、高橋良輔
キャラクター・デザイン:吉川惣司
メカニカル・デザイン:大河原邦男
脚本:高橋良輔、星山博之、渡辺由自、鈴木良武、
富田祐弘
作画監督:泉口薫、福田、岩本正之・他
演出:三浦将則、谷田部勝義、兜史郎・他
音楽:冬木透
OP:さらばやさしき日々よ/麻田マモル
ED:風の行方/麻田マモル
製作:サンライズ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック